ラグを置くだけ簡単!おしゃれなマイルーム

「マイルームのインテリアは大体そろってきたけれど、あともう一味足りない!」そんなとき、手軽に部屋にプラスできるのがラグです。部屋全体に敷くカーペットと違って、ちょっとしたスペースに取り入れられるラグは、あなたの部屋のインテリアにもう一味、彩りを加えてくれます。今回は、これからラグを敷いてみたいという方も、今あるラグを見直して模様替えしたいという方にも役立つ、ラグの敷き方・選び方をご紹介します。おしゃれなラグをプラスして、さらに居心地のいい部屋を作りましょう。

基本のラグの敷き方

まずは部屋のどこにラグを敷くかを決めましょう。テーブルの下、ソファやベッドの脇、空いているスペース……。基本の敷き方の中から、あなたの部屋にぴったりのものを見つけてください。

・ピース敷き
ソファ前のテーブルの下やベッドの脇に、部分的にラグを敷きます。ラグの大きさや形を工夫して、様々なコーディネートを楽しめますよ。部屋の隅に丸型のラグを敷き、ちょっとした座れる休憩スペースを作ってみてもいいですね。これなら部屋に人を招待したときにも便利です。新しい空間ができると、部屋が広くなったような気分になりますね。どんな部屋にも似合う四角のラグもすてきですが、ちょっと変わった丸型のラグはインテリアのポイントにもなります。

・重ね敷き
すでにカーペットが敷き詰めてある床に、ピース敷きのようにラグを重ねます。これだけで豪華な雰囲気になり、さらにラグがずれにくくなるというメリットも。カーペットとの組み合わせでセンスのある部屋を作れそうですね。また、大きめのラグを2つ用意すれば、重ねて敷くこともできます。それぞれが引き立て合えるような色合いのラグを選びましょう。

ラグの素材を知ろう!

ラグを敷く位置が決まったら、素材を選びましょう。素材によって部屋の印象も変わってきます。季節によってラグを変えてみるのも楽しそうですね。

・綿  肌触りの良さで選ぶならこちら。
・ポリエステル  こまめに洗濯したい方向け。
・ウール  冬暖かく夏涼しい。一年を通して使いたいならこちら。
・アクリル  発色が良い。豊富な色の中から選べる。
・シルク  光沢があってきれい。
・麻  独特のざっくりした質感が個性的。

床や家具と合わせて選ぶラグ

床の色に合わせてラグを選んでみましょう。たとえば白っぽい床なら、ダークブラウンなど濃い色のラグを取り入れてアクセントに。逆に、ナチュラル系の色で麻のラグを選ぶと、自然で大人な印象になります。床も家具もナチュラル系なのに対して、ラグだけ青や紫など色味を出して、主張してみてもいいですね。また、ソファと同じ素材のラグを合わせてみてもおしゃれです。床や家具との兼ね合いで、あなたの部屋を華やかにするラグを探してみてください。

手軽にインテリアにプラスできるラグ。時には引き立て役として、時にはアクセントとして、あなたの部屋のコーディネートに生かしましょう。ラグは優秀なインテリアであるだけではありません。テーブルなどの摩擦から床を守ってくれるなど、部屋や家具を傷から守る機能もあります。おしゃれなだけでなく、部屋をきれいに保つのにも役に立ちます。あなたもラグを取り入れて、さらに居心地のいい部屋を作りませんか。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.