こだわり文房具で作業のはかどる部屋をつくる

あなたがいつも使っている文房具は、いつ、どこで、どのように選んで買いましたか? ペン、定規、ハサミ……まったく記憶にないかもしれません。文房具は実用品ですから、基本的には「デザインなど関係なく、使えればそれでOK」ではあります。しかし、これほどよく使うものだからこそ、デザインや性能にこだわってじっくり選んでみてはいかがでしょうか。
今回は、デザインや機能性の高い文房具をご紹介します。デスクの上を見直して、すてきな文房具を揃えれば、きっといつもより作業がはかどるようになりますよ。ふだん使いする文房具をお気に入りのものに変えて、デスクの上から居心地の良い部屋をつくりましょう。

「万年筆は高価でお手入れが難しい」と思い込んでいませんか?

万年筆は、一度は使ってみたいと思うけれど、なかなか手が出せない文房具のひとつです。金属製のペン先をインクの瓶にひたす動作がクールですよね。しかし、値段が高いため気楽に買えないのが難点です。文房具店でガラスケースに入っている万年筆の値段を見たところで、諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。
そんなみなさんにおすすめするのが、PILOTから発売されている万年筆「kakuno」です。こちらは、万年筆を初めて買う方にぴったり。価格は税抜き1000円と、数万円はする万年筆と比べると信じられない安さです。キャップと本体とがツートンカラーになっている、ペン先にニッコリ笑う顔が印刷されているなど、デザインも凝っています。難しそうなインクの補充も、カートリッジ式なので、インクの入っているスティックを取り換えるだけ。おしゃれで安くてお手入れも簡単なkakunoなら、デスクの上で万年筆を使う習慣ができそうですね。

マーカーの常識を変えたマーカー

水性のインクにひたした芯で書くタイプのものが一般的なマーカー。資料の読み込みや読書にも便利ですが、「定規を使って線を引くとき、インクがにじんで線が太くなってしまう」「なにかの衝撃によって、インクが筆箱の中でもれてしまう」「キャップを閉め忘れて、ペン先が乾いて書けなくなってしまう」こんな風に困った経験はありませんか。
このようなトラブルを一気に解決した《新しいマーカー》があります。STAEDTLERの「テキストサーファーゲル」です。ゲル状の蛍光色インクを固めたタイプのマーカーは、《透明な蛍光色のクレヨン》といったところでしょうか。インクがゲル状なので、「にじんでしまう」「もれてしまう」心配は一切ありません。クレヨンのようなつるっとした書き心地も、使っていて楽しくなります。機能的なマーカーで、作業も楽しくなりそうですね。

ノートもデザイン性の高いものに

仕事用のメモや日記をつけるとき、人気の文房具ブランドのノートを使ってみましょう。ふだんノートを使わないという人も、この機会にノートを買って、メモを取る習慣をつけてみてもいいですね。
フランスの「MOLESKINE」「RHODIA」、ドイツの「Rollbahn」は定番のブランド。日本のブランドで人気があるのは「LIFE」あたりでしょうか。どれもシンプルで誰にでも好まれるデザインのものばかりですから、迷ったらこちらの中から選んでみてください。デザイン性の高いノートは、デスクの上に置いてあるだけでインテリアになってしまいそう。

あなたも新しい文房具で、作業のはかどる居心地の良い部屋をつくってみませんか。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.