カレンダーを飾っておしゃれに時の流れを感じよう

あなたの部屋にまだカレンダーがないならば、今すぐに飾ってみましょう。インテリアとしても便利なカレンダーですが、そのほかにも意外な効果を期待できます。紙製のものなら手軽に手に入れられますし、居心地の良い部屋をつくるポイントになりますよ。今回は部屋にカレンダーを飾るメリットと、インテリア性の高いカレンダーについてご紹介します。

カレンダーがあれば時間の流れを感じられる!

スマートフォンでいつでも日付や時刻を確認できるようになった今、わざわざ部屋にカレンダーを飾る人は、少ないかもしれません。たしかにカレンダーがなくても、今日が何月何日であるかを確認することはできます。しかし、その都度たしかめるだけでは、1日1日が点々としてしまって、気づけばあっという間に今年も年末を迎えてしまった……ということにもなりかねません。
カレンダーを飾るメリットのひとつは、《時の流れを点ではなく線で感じられる点》があるでしょう。今日が今月のどのあたりなのか、ぱっと見るだけでも捉えることができます。また、月が変わったときも、カレンダーをめくるといつも以上に月日の流れを実感するかもしれません。人生の時間を流れの中で感じるためにも、部屋にカレンダーを飾っておきましょう。

おしゃれなデザインが多数!基本は紙のカレンダー

値段も安く、取り入れやすいのは一般的な紙のカレンダーです。おしゃれなデザインがいくらでも見つかるのが魅力。年が変わるたびに別のデザインを選べるので、毎年お部屋のちょっとしたイメージチェンジをしたい方にはこちらがおすすめです。
書店やファンシーショップでも買えますが、一味違うカレンダーを手に入れたいなら、みんなとは違うお店へ足を運びましょう。たとえば、美術館の中にあるミュージアムショップには、ゴッホなど有名な画家の絵の入った海外のカレンダーが取り揃えられています。これなら部屋にカレンダーを飾るだけで、同時に絵も飾ることができるので、すてきなインテリアになりそうですね。

日めくりカレンダー

「ひと月ごとのカレンダーよりも、もっと日々の移ろいを感じたい」そんなマメな方は、日めくりカレンダーを飾ってみてはいかがでしょうか。日めくりカレンダーには、新しい1日が始まるごとに切り取ってめくる365日タイプのものと、31日分のカレンダーを毎月繰り返し使うタイプのものがあります。どちらにしても、小ぶりのサイズで、格言や名言を載せた少し堅い雰囲気のカレンダーが多いようです。もちろん、中にはインテリアとして凝ったデザインのものもありますから、あなたの部屋に合うおしゃれなデザインのものを探してみてください。

万年カレンダー

インテリアとしてもっとも存在感のあるデザインなのが、万年カレンダー。月、日、曜日を自由に組み合わせられるようなつくりをしているので、名前の通り《万年》でも使い続けられるようになっています。木製のブロックのような形のもの、卓上カレンダーに金属製の枠がついているものなど、それぞれがまったく違う個性的なデザイン。見た目を重視するなら、思い切ってより奇抜なデザインのカレンダーを取り入れましょう。家に人を招待したときにも、注目を集めること間違いなしです。

あなたの部屋にぴったりなカレンダーを見つけて、居心地の良い部屋をつくるのにお役立てください。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.