カーテンの色でがらっと雰囲気を模様替え

部屋の雰囲気をつくる重要なインテリアといえば、カーテンです。新しい部屋に住むとき、まず初めに取りつけるのがカーテンですから、「なんとなく引っ越してきたときからずっと同じものを使っている」という方が多いかもしれません。でも、模様替えを始めた今、まったく趣味の違う当時と同じカーテンを使っているままでは、インテリアに統一感が出しにくいですよね。模様替えを始めたのなら、思い切ってカーテンを新しいものに変えてしまいましょう。今回は居心地のいい部屋をつくるためのカーテンの選び方をご紹介します。

部屋とぴったりのカーテンの色

カーテンから模様替えを始めるときも、すでにある家具に合わせてカーテンを選ぶときも、覚えておきたい基本の配色パターンがあります。あなたの部屋をどんな雰囲気にしたいかによって、以下のパターンの中から気になるものを選んでみてください。

・類似色でまとめる
緑、黄緑、深緑……といった形の配色で、性格の似ている色を組み合わせるパターンです。今ある家具と似たような色のカーテンを選びましょう。色同士がぶつかり合わないので、安心した雰囲気の部屋になります。

・反対色で鮮やかに
青と黄色、といった形で、正反対の色を組み合わせるパターンです。もしも今ある家具の補色(正反対の色)が分からなければ、インターネットで調べてもOKです。互いの色が引き立て合い、メリハリができます。元気のある部屋にしたいならこちらを選んでみましょう。

・同一色でシックに
濃い灰色、灰色、薄い灰色といった形で、明るさの違う色を組み合わせるパターンです。コーディネートがしやすいので、自身のない方はこちらで合わせてみましょう。シックで落ちついた雰囲気の部屋になります。

カーテンの色で雰囲気をつくる

それぞれの色にはイメージがあります。色のイメージを利用して、カーテンの色で部屋の雰囲気を演出しましょう。たとえば、情熱的な部屋にしたいなら、赤い色のカーテンを。親しみやすい雰囲気の部屋にしたいなら、オレンジ。明るい気分になる部屋にしたいなら、黄色。リラックスできる部屋にしたいなら、緑。気持ちが落ちつく部屋にしたいなら、青。あなたが求める部屋の雰囲気に合わせてカーテンの色を決めれば、コーディネートもしやすくなります。

レースカーテンの選び方

日中の窓からどのように光が差し込む部屋にするか。華美なカーテンほどには目立ちませんが、レースカーテンもまた居心地のいい部屋をつくるのに重要なインテリアのひとつです。それだけでなく、外から部屋の中が見えないようにするためにも、レースカーテンはなくてはならない存在なのです。
どれも白くて透けていて、似たように見えてしまうレースカーテンですが、刺繍や生地の柄によっては、部屋の印象がぐっと変わります。大きめのドット柄などのモダンなデザインは、日中の窓をすっきりとかっこよく見せてくれますよ。また、色つきのカラーレースタイプもあります。こちらを使うと、カーテン越しの日差しで壁が染まり、ロマンチックな部屋になります。

あなたも思い切ってカーテンを新しいものに変えて、模様替えを楽しみましょう。きっと、想像した以上に雰囲気の違う部屋が出来上がりますよ。カーテンとのコーディネートで生まれ変わった、居心地のいい部屋をお楽しみください。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.