目指せ!ケーブルレス・デスク!

デスクの上をいくら片付けても、マウスやキーボードのケーブルがあればなかなか片付いた気がしないもの。そこで、これらのデバイスをワイヤレス化して、机上をすっきりさせてみませんか?

マウスとキーボードをワイヤレス化

まずはデスク上のキーボード、そしてマウスのワイヤレス化をはじめてみましょう。もっとも手軽に行えるのはワイヤレスUSB接続のものです。以前からさまざまなモデルが販売されていますので、バリエーションも多く、安価に手に入れられるでしょう。

ただし、ノートパソコンなどで利用する場合には少し不便さもあります。それは1デバイスにつき1ポートのUSB端子を占有してしまうことです。解決策としてUSBハブの利用もありますが、これではワイヤレス化のメリットが少し薄れてしまうでしょう。 ※Logicoolやbuffalo製品には、レシーバーがひとつで複数台のペアリングが可能な製品もありますが、メーカーを揃えなくてはいけないという制限もあります

こうした際に利用したいのがBluetooth接続のマウスやキーボードです。Bluetoothレシーバーが内蔵されたパソコンであれば、USBなどを使わずに、複数台のペアリングが可能になりますので、端子数などを気にする必要がありません。最近のパソコンやタブレットのほとんどに採用されていますので、購入後すぐに利用できるでしょう。

ただし、Bluetooth接続のデバイスには注意したい点も。ひとつは複数台のパソコンで利用する場合、ペアリングが少し面倒であることです。ワイヤレスUSBであれば、レシーバーの抜き差しのみなので、接続が非常にシンプル。しかし、Bluetoothは、現在どのデバイスと接続されているのかが分かりづらい場合があると言えるでしょう。中にはペアリング切り替え機能が搭載されたキーボードなどもありますが、まだまだ使い勝手が良いとは言えないかもしれません。

ちなみに、BluetoothデバイスはワイヤレスUSBのものに比べて少し価格も高いイメージです。さらに発売されているモデルも少ないので、選択肢が少ないというのもデメリットのひとつでしょう。

Bluetoothスピーカーを導入しましょう

マウスとキーボードを無線化したら、次はスピーカーやヘッドフォンなどについてもワイヤレスにしていきましょう。音響機器に関してはBluetooth接続の他にAirPlayという規格もあります。しかし、一般的に普及しているのはBluetoothであり、AirPlay対応機器は種類も少なく、価格も高い場合が多いのであまりお勧めではありません。

Bluetoothスピーカーは一時期「音質が悪い」、ということで避けられていたこともありましたが、最近ではずいぶんと改善が進んでいます。もちろん有線に比べれば音質は劣ってしまいますが、手軽さという部分で段々と人気になっているようです。

デスクの上がケーブルレスになりすっきりすれば、整理された状態をキープできるだけでなく、仕事の作業効率アップにも繋がるでしょう。まずはマウスやキーボード、スピーカーから試してみませんか?

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.