椅子選び最初の選択肢~「機能」と「デザイン」

椅子の選び方には高さや素材など、いろいろな要素があります。しかし最初に考えるのは、「自分が椅子に何を求めるか?」ということです。今回は椅子選び最初の選択肢、「機能」と「デザイン」について解説していきます。

快適さを求めるなら機能性をとことん重視

とにかく快適度を優先するのであれば、多少値段は張ったとしても高機能オフィスチェアを選んでおいて損はありません。人が心地よく座ることができるよう設計されたモデルであれば、長時間の作業でも体への負担が少なく、快適なデスク環境が整います。

高機能オフィスチェアで代表的なのはやはりハーマンミラー社のアーロンチェアでしょう。ポスチャーフィットと呼ばれる独自機能によって、いつでも正しい姿勢で座り続けることが可能です。また、オカムラ製作所のコンテッサなども非常に人気です。それぞれのモデルに特徴がありますので、できれば一度実際に座ってみて、感触を確かめるのがお勧めです。

デザイン性にこだわるならデザイナーズチェア

高機能オフィスチェアも良いですが、どちらかと言うとインテリアにこだわりたい!という人は、イームズなどのデザイナーズチェアを検討してみても良いかも知れません。こうした椅子は基本的にダイニングでの使用を目的に作られてはいますが、デスクで使ってはいけない、という決まりはありません。

お気に入りのデザイナーズチェアに座るだけでやる気が出る、という人もいます。「家ではそこまで本気を出して仕事をする訳じゃないから」と、くつろぎスタイルのデスク利用の人もいるでしょう。こうした場合は、お部屋のテーマに合わせたオシャレなものを選ぶと良いでしょう。

最高の一脚を手に入れても・・・

ちなみに、快適でお気に入りの椅子を購入できたからと言って、そこに一日中座りっぱなしというのはやはりいけません。特に休日などは、できれば外出して適度な運動をとっておきたいところです。普段からデスクワークばかりの人というのは、ついつい体がなまりがち。それだけなら良いですが、座りっぱなしでずっと下半身を圧迫していると、血流が悪化してEDなどの症状も引き起こしますので注意が必要です。できればこうした症状にならないよう、普段から気をつけていきたいものですが、深刻な状況になる前に男性専門のクリニックへ行き、バイアグラなどのお薬を処方してもらうようにしましょう。恥ずかしさや妙なプライドは治療の邪魔になるだけです。せっかくいい薬があるのですから、使わない手はありませんよね。

さて、このように、椅子選びの基本は「機能」か「デザイン」かをまず決めることが大切です。どちらを優先するかが決まっていないと、結局は中途半端なものを選んでしまいかねません。ご自身が椅子に何を求めるかをはっきりさせてから、素敵な一脚をチョイスしましょう。ちなみに、最高の一脚が手に入れたからといってずっと座りっぱなしは不健康のはじまりなのでご注意を。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.