自宅の使用ならタブレットもアリ?

最近注目度が急上昇しているのがタブレットパソコンです。中でもWindows8タブレットはフルWindowsOSですので、自宅での仕事にも十分使用可能。そのほかiOS・Androidデバイスもエンターテインメント用途では非常に人気です。あなたのお部屋にぴったりなものを考えてみましょう。

仕事で使うならWindows8タブレット

「家にはノートもデスクトップも置きたくない!だけど、ちょっとした仕事をこなせる環境は必要・・・」こんなわがままを叶えてくれるのがWindows8タブレットです。名前が示す通り、このタブレットパソコンにはWindows8が搭載されていますから、よほど重たい処理をしない限り、普通のパソコンとして利用することができます。

例えば、外付けのキーボードとマウスを用意し、Windows8タブレットをスタンドなどで立てれば、簡易的なデスクトップパソコン環境が整います。サイズのコンパクトさで言えば、ノートパソコンとも呼べるでしょう。

さらに、お部屋のテレビやディスプレイとHDMIで接続すれば、ほぼ完璧なデスクトップパソコン環境にもなります。大画面で書類の作成などを行えるでしょう。そして仕事が終了すれば、ケーブルを抜いてしまうだけで普通のタブレットに戻ります。周辺機器さえ揃えば、1台で3役をこなしてくれると言えます。

iPadやAndroidタブレットはどうなの?

Windows8タブレット以外のタブレットパソコンは基本的に、エンターテインメントに特化したデバイスであると言えます。そのため、書類の作成などは少し難しいかもしれません(ただし、最近ではiOSやAndroid版のMicrosoftOfficeアプリの提供もはじまったので、今後どうなるか注目です)。

その分、動画や音楽鑑賞に関しては非常に快適とも言えます。それぞれに適したアプリがリリースされていますので、これをインストールすることで手軽にコンテンツを見たり聴いたりすることができます。ベッドルームやキッチンなどに持ち運び、楽しくデバイスを利用しましょう。

スマホとタブレットを合体?

エンターテインメント目的だけであれば、スマートフォンとタブレットの間に位置する「ファブレット」という種類のデバイスでも充分です。有名所で言えば、SONYが開発したXperia Z Ultraや、AppleのiPhone6 Plusなどが挙げられます。

スマートフォンに比べると画面が大きく、タブレットではできない音声通話に対応しているのが特徴で、一台で二役をこなしてくれるのがメリットと言えるでしょう。人によっては大きすぎる、と感じるかもしれませんが、慣れてしまえば大丈夫という意見もありますので、お店などで手に取り、検討してみてはいかがでしょうか?

最近はノートやデスクトップパソコンの需要が段々と減り、タブレットパソコンの人気が上昇しているとのことです。そこまでハードに自宅で仕事をしない場合や、エンターテインメント用途だけであれば、タブレットやファブレットで充分と言えるでしょう。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.