デスクトップパソコンのメリット・デメリット

最近ではパソコンの主流はノート型となってきました。しかし、デスクトップパソコンに需要がなくなった訳ではありません。趣味や創作活動に活用するのであれば、やはりハイパフォーマンスな一台が必要でしょう。ここでは、デスクトップパソコンのメリット・デメリットについてご紹介します。

本格的なパソコン利用にはデスクトップを

デスクトップパソコンのメリットはなんといってもそのハイパフォーマンス。CPUなどの性能は、基本的にノートパソコンやタブレットパソコンよりも高いものが多いです(とは言え最近のノートパソコンもかなりの高性能をほこっているので、一概には言えませんが・・・)。そのため、写真や動画編集、ゲームといった用途に適していると言えます。特に創作活動などを行う方にはお勧めです。

また、筐体が大きいことや、持ち運びがないことなどから安定性についても利点があると言えます。ノートパソコンやタブレットパソコンの場合、気軽に持ち運んでいる際に落下させて故障してしまう、という危険性があります。しかしデスクトップパソコンは基本的に据え置きなので、地震などがない限り倒れることはないでしょう。このため、大切なデータを補完しておきたい場合には最適とも言えます。

さらに、デスクトップパソコンの場合にはUSB端子が4つ以上搭載されていることが多いため、USBハブなどを使わずに多くの周辺機器に接続できるのも大きな魅力のひとつです。マウスやキーボードなども、違和感があれば違うものに気軽に変更が可能ですし、ディスプレイのサイズなども自由に変更できます。

大きさが最大の弱点

デメリットについては用途によってさまざまですが、やはり持ち運びができないのは大きな弱点です。外へはもちろんのこと、お部屋の移動となった場合もかなりの手間がかかるでしょう。一度置いてしまったら、基本的には動かせないというのは少し面倒かもしれません。

また、本体自体が大きいので、置き場所に困るというケースも多いです。比較的小さなスリムタワー型のデスクトップパソコンもありますが、これは性能が非力ですので、前述したデスクトップパソコンのメリットを活かしきれません。かといって最高パフォーマンスのものを購入すると本体がそれに伴い大きくなるので、スペースをかなりとって不便です。

デスクトップパソコンのメリットとデメリットについて、ご理解いただけたでしょうか?最近ではやはり、ノートパソコンやタブレットパソコンの方が高人気であると言えます。最初の一台にはあまりふさわしくないかもしれません。しかし、ご自身の趣味や創作活動に利用するのであれば、デスクトップパソコンほど適したマシンもありません。用途によっては頼もしい相方となってくれますので、じっくりと検討してみましょう。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.