家庭菜園で明るむ生活

もしベランダにスペースがあるならば、ちょっとした菜園を作ってみても良いかもしれません。プチトマトやパプリカ・ピーマン・えんどう豆程度ならば、誰にでも簡単に育てることができます。お客さんのウケも得られる他、自分自身の健康にもつながるはずです。

家庭菜園の注意点

ただ水をあげていれば実がなる、というほど家庭菜園は甘くありません。虫を避けるために殺虫剤をまく必要もあれば、暴風の日には被害が出ないようにカバーもかけてあげなければなりません。また、肥料が乏しければ、実る果実ももちろん小さくなります。

多少デリケートな作業は必要ですが、だからこそ結実した際の喜びも大きくなります。ただのインテリアでなく、1つの趣味として家庭菜園を捉えることもできるでしょう。

几帳面で優しい人…な印象を与える

手のかかる植物を育てていると、もちろん人からの印象も良くなります。「細かい気配りができる人なんだろう」「優しい人なんだろう」、そう思ってもらえるはずです。そのように間接的な「いい人アピール」ができるのも、家庭菜園の魅力の1つでしょう。仮に相手が女性ならば、「私も大切に扱ってくれるかも…!」と期待してくれるかもしれませんね。

毎朝日に当たる習慣が自然に

人間の健康にとって、日光は非常に大切なものです。毎朝日に当たることで、体内に、生命活動に必要なビタミンDが生成されます。水やりの習慣をつけておけば、毎日自然に日光に当たることができるでしょう。また、植物の緑には心を癒す効果もあります。

実際「育てよ」「頑張れよ」と声を掛けながら植物に水をあげるのは、とても気持ちが良いものです。植物は前向きな言葉を掛けられるとより大きく育つという話もあります。家庭菜園は、きっとあなたの生活と、心を、あらゆる意味で充実させてくれるでしょう。

初心者のためにプランター単位で売られている品種もあります。種子から育てる自信がない人は、苗から始めても良いでしょう。ベランダの一隅に緑のスペースがあると、それだけで生活がぐっと華やいだものとなります。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.