女性ウケする部屋の色使いとは!?

女性を部屋に呼ぶなら、カラーリングは重要。黒の多用、していませんか? 部屋を広く見せるナチュラル系の色を使って、お客さんの警戒心を解きましょう。部分的にピンクを使うという手もアリ! 女性モテする部屋を紹介します。

好きな人を部屋に呼びたい! という男性も実にたくさんいることでしょう。しかし「招待すること」がゴールになってしまうと、決して相手に良い印象を持ってもらうことはできません。女性に「くつろいでもらう」ためには、部屋の設計にも気を配る必要があります。特にカラーリングについては、相手の心理を汲んでチョイスしなければなりません。

絶対にダメな黒の多用

まずやってはいけないのが、黒の多用! フロアラグも黒、テーブルも黒、本棚も黒、ベッドフレームもシーツも布団カバーも黒…こういう部屋は、女性に警戒心を持たせてしまいます。「ナルシスト!?」と思われる危険もあるので、黒はなるべく避けるべきです。

開放的な色使い+ピンクで必勝

相手をムラムラとさせて肉体関係に持ち込みたい気持ちは、男なら誰にでもあるでしょうが、だからといって紫や赤などの妖しい色を使えばいいものではありません。心と体を開かせるためにもっとも大切なのは、まず「女性をリラックスさせる」ということです。
優しい印象のオフホワイトやアイボリーを使って、まずは開放的な部屋を作り上げましょう。すでに部屋をばっちりと作り込んでしまっている人は、カーテンやベッドシーツ・布団カバーを変えるだけでも、かなり全体の印象を和らげることができます。

そして覚えておきたいのが、「ピンポイントでピンクを使う」というテクニックです。マグカップやクッションに、1つ2つピンクを混ぜるだけで、部屋はかなり女性に居心地が良いものに変わります。あらかじめ雑貨屋で女性ウケしているものを買っておきましょう。

隠せ! エログッズ!

当然のことながら、1人暮らしの男性の部屋には次にあげるいくつかのモノは置いてあるのではないでしょうか?アダルトビデオ・アダルト雑誌・TENGA・ローション・避妊具・バイアグラ・・・ 当たり前の話ですが、このようなエッチなグッズを公然と置いておくと、女性に幻滅され、さらに警戒心を持たれます。見つかれば、すぐに逃げられてしまうことでしょう。枕の下にコンドームを準備しておく、などの配慮も不要です。自然な流れでムード満点な雰囲気に持ち込むことができれば、やはり自然なタイミングで避妊具も装着できます。

せっかく居心地の良い部屋を作ったのに、小物で幻滅されてはもったいない! 他にもオタク的なコレクションは隠すなど、細かい部分にも気をつけましょう。
◆1人エッチの必需品【TENGA】の購入はコチラ⇒TENGA(テンガ)公式サイト
◆ローションや避妊具を購入するなら⇒避妊具・性生活 通販 - セシール(cecile)
◆バイアグラやジェネリックに関することなら⇒バイアグラの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】
◆アダルトビデオを安心して見るなら⇒TSUTAYA DISCAS ツタヤのネット宅配レンタル|ツタヤ ディスカス

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.