部屋の乱れは心の乱れ

芸術家のアトリエは、その人の作品世界を映すとも言われています。アートに関する仕事をしている人でなくとも、部屋の様相には主の心の状態が反映されるものです。部屋の乱れは、心の乱れとも言えるでしょう。逆に考えれば、美しく整った部屋は主の心もまた静かに保ってくれるものだとも言えます。長い時間を過ごす自室はなるべく手をかけて設計したいものです。

みんなでくつろげる部屋に…

部屋は必ずしもあなただけのものではありません。友達が多い人や恋人がいる人は、自室に彼らを招くことも少なくないはずです。家で遊ぶとき、あなたの仲間たちは一体部屋にどんな印象を持っているでしょうか。「こいつの部屋、意外と汚いんだな」…もしそう思われているとしたら、危険です。部屋をきれいにできない人は、対人関係においてもルーズだと判断されがち。知らないうちに、仲間からの信頼を弱めているかもしれません。

社会的な印象を良くするためにも、部屋の設計はとても大切です。他人を家に上げることも考えながら、客観的な視点で居心地の良い部屋を追求していかねばなりません。

趣味と居心地の融合を

もちろん他人のイメージばかり気にして部屋を作っても、楽しくはありません。部屋はあくまで、主がもっとも長い時間を過ごす場所です。あなたなりの色使い、そして趣味を取り入れて、かつ人に不潔な印象を与えないための部屋を作る…これはなかなか簡単なことではありません。双方への「居心地の良さ」が共存する部屋作りはハイレベルな作業です。

ここでは意外にも難しい部屋作りのハウトゥを、いくつかのカテゴリに分けて順番に紹介していきます。引っ越して新生活を始める方も、模様替えをしてみようと考えている方もぜひご覧ください。あなたにもお客さんにも満足できる部屋を目指していきましょう。

Copyright(c) 居心地GOOOOD!!!な部屋作り All Rights Reserved.